オペラニュース

日生劇場開場60周年記念公演ラインアップ発表

1963年にベルリン・ドイツ・オペラ『フィデリオ』のこけら落とし公演で開場して以来、様々な舞台作品を上演してきた日生劇場は、2023年に60周年を迎えます。これまでの歩みを胸に、これからもすぐれた舞台芸術を提供し、我が国の芸術文化のさらなる振興に寄与できるよう邁進していく所存です。

60周年を記念した主催公演として、NISSAY OPERA 2023では、日本初演となるケルビーニ作曲『メデア』、日生劇場では53年ぶりのヴェルディ作品となる『マクベス』、ドイツ語版舞台上演日本初演となる三島由紀夫原作『午後の曳航』(東京二期会との共催公演)、日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2023では、大人気ファンタジー小説初の舞台化となる音楽劇『精霊の守り人』、画家・絵本作家ヒグチユウコ作品初の舞台化となる舞台版『せかいいちのねこ』、“日生劇場版”として新たに改訂演出・振付される谷桃子バレエ団『くるみ割り人形』という祝祭感あふれる6作品を上演いたします。
日生劇場60周年の節目を飾る豪華な記念公演にぜひご注目ください。

--------------------------

〇60周年記念公演ラインアップ 【詳細はこちら(pdf)】

NISSAY OPERA 2023
①NISSAY OPERA 2023『メデア』
2023年5月27日(土)、28日(日)
指揮:園田隆一郎/演出:栗山民也/管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

【速報】はこちら

②NISSAY OPERA 2023『マクベス』
2023年11月11日(土)、12日(日)
指揮:沼尻竜典/演出:粟國淳/管弦楽:読売日本交響楽団

【速報】はこちら

③東京二期会オペラ劇場 NISSAY OPERA 2023提携『午後の曳航』 <共催公演>
2023年11月23日(木祝)・24日(金)・25日(土)・26日(日)予定
指揮:アレホ・ペレス/演出:宮本亞門/管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2023
①音楽劇『精霊の守り人』
2023年7月29日(土)~8月6日(日)
原作:上橋菜穂子作「精霊の守り人」(偕成社)/脚本:井上テテ/演出:一色隆司(NHKエンタープライズ)

②舞台版『せかいいちのねこ』
2023年8月19日(土)・20日(日)
原作:ヒグチユウコ作「せかいいちのねこ」(白泉社)/脚本・演出・振付:山田うん/出演:人形劇団ひとみ座、Co. 山田うん

③谷桃子バレエ団『くるみ割り人形』~日生劇場版~
2023年8月25日(金)・26日(土)・27日(日)
演出・振付:谷桃子/芸術監督 改訂演出・振付:髙部尚子/出演:谷桃子バレエ団

--------------------------

〇 60周年記念ロゴについて


これまでご来場いただきました多くのお客様や舞台を支えていただいたスタッフ、キャストはじめ劇場関係者の皆さまへの感謝の気持ちと、これからも優れた舞台芸術を提供し続ける劇場でありたいという想いを込め、アニバーサリーロゴを作成いたしました。
当劇場が1963年の開場より60年に亘り、一段一段積み重ねてきました歴史や舞台公演に込めた想い、また、この先の未来も優れた舞台芸術の提供を通じ、わが国の芸術文化の振興に寄与していきたいという決意を、当劇場の象徴の一つであります劇場内の螺旋階段と右上がりの「60」の数字でデザインいたしました。
今後、開場60周年記念公演の各種公演パンフレットやポスター、劇場外に掲揚する劇場旗などで、広く皆さまにお知らせしたいと考えております。

一覧へ戻る

TOP