オペラニュース

【11/11開催】第26回 日生劇場舞台フォーラム2019 オペラ『トスカ』―トスカ・ドラマの転換―

第26回 日生劇場舞台フォーラム2019
オペラ『トスカ』
―トスカ・ドラマの転換―



舞台フォーラム2019パンフomote

 

日生劇場舞台フォーラムは、1993年財団創立20周年を記念し、舞台芸術者の育成、支援を目的にスタートしました。日生劇場の舞台で実際に上演された舞台装置・照明・音響・衣裳などを使い、第一線の指導者による若手舞台技術者向けの教育の場として、大きな反響をいただいています。
日生劇場舞台フォーラム 過去の実施結果など、詳しくはこちら

 

■ 第26回 日生劇場舞台フォーラム2019
オペラ『トスカ』
―トスカ・ドラマの転換―


場所:日比谷「日生劇場」

日時:2019年11月11日(月) 18:30 開会(18:00受付開始)

入場料:無料(事前申込不要)

今年の日生劇場舞台フォーラムは、オペラ「トスカ」の舞台を題材に、実際の舞台装置や照明をご覧いただきながら、製作スタッフが分かりやすく解説してまいります。また、フォーラム終了後には、舞台見学もございます。 舞台芸術に関心をお持ちの方々の多くの参加を、心よりお待ち申し上げております。

パネリスト(予定):
演出:粟國 淳(日生劇場芸術参与) 美術:横田 あつみ 照明:大島 祐夫 衣裳:増田 恵美

お問い合わせ先:
公益財団法人 ニッセイ文化振興財団[日生劇場]技術部 〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-1
Tel 03-3503-3121 Fax 03-3501-6816

※プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。

舞台フォーラム2019パンフomote舞台フォーラム2019パンフura
トスカ2019舞台装置模型1
トスカ2019舞台装置模型2

※フォーラム終了後に、舞台に上ってご見学いただけます。

 

◆NISSAY OPERA 2019
オペラ『トスカ』全3幕

(原語[イタリア語]上演・日本語字幕付)

詳しくはこちら
https://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2019_info/tosca/

愛の妙薬チラシ-0314

0001 (1)


カラヴァドッシは、脱獄した政治犯アンジェロッティを匿ったことを罪に問われ、警視総監スカルピアに囚われる。トスカは、恋人であるカラヴァドッシを救いたい一心でスカルピアに懇願するが、スカルピアは、「恋人を助けたければ、私のものになれ」とトスカに迫る。追い詰められたトスカは、咄嗟にナイフを握り、そして……。

ナポレオン戦争の嵐が吹き荒れるローマを舞台に繰り広げられる、愛と憎しみのドラマ。波乱の一夜が幕を開ける!

【日程】
2019年11月9日(土)・10日(日)  各13:30開演 (13:00開場)

【料金】
S席:10,000円 A席:8,000円
※9日のA席、両日のB席及び学生席は、完売いたしました。

台本:ルイージ・イッリカ&ジュゼッペ・ジャコーザ
作曲:ジャコモ・プッチーニ

指揮:園田 隆一郎 演出:粟國 淳
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:C.ヴィレッジシンガーズ
児童合唱:パピーコーラスクラブ

【日程】
2019年11月9日(土)/11月10日(日)各日13:30開演

【キャスト】
11月9日(土)/11月10日(日)
トスカ:砂川 涼子/岡田 昌子
カヴァラドッシ:工藤 和真/藤田 卓也
スカルピア:黒田 博/須藤 慎吾
アンジェロッティ:デニス・ビシュニャ/妻屋 秀和
堂守:晴 雅彦/柴山 昌宣
スポレッタ:工藤 翔陽/澤原 行正
シャッローネ:金子 慧一/高橋 洋介
看守:氷見 健一郎(両日)

-------------------------------------------------------
※ダブルキャストによる公演です。

【スタッフ】
美術:横田 あつみ
照明:大島 祐夫(A・S・G)
衣裳:増田 恵美(モマ・ワークショップ)
字幕・翻訳:本谷 麻子
合唱指揮:大川 修司
児童合唱指揮:籾山 真紀子
演出助手:橋詰 陽子
舞台監督:菅原 多敢弘(ザ・スタッフ)
副指揮:鈴木 恵里奈、石﨑 真弥奈、堀 大輔
コレペティトゥア:平塚 洋子、星 和代、矢崎 貴子

※やむを得ない事情により出演者等が変更となる場合がございます。

主催・企画・制作:公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]
協賛:日本生命保険相互会社

一覧へ戻る

TOP