オペラニュース

『カプレーティとモンテッキ』関連レクチャー開催(<オペラを知る>シリーズ2021)

日生劇場<オペラを知る>シリーズ2021

11月13日、14日上演のオペラ『カプレーティとモンテッキ』音楽レクチャーとドラマトゥルギー・レクチャーを開催します。


①NISSAY OPERA 2021 『カプレーティとモンテッキ』 音楽レクチャー(9/18)

②NISSAY OPERA 2021 『カプレーティとモンテッキ』 ドラマトゥルギー・レクチャー(9/25)

 

   NISSAY OPERA 2021 『カプレーティとモンテッキ』
①音楽レクチャー
《カプレーティとモンテッキ》その音楽の魅力(仮題)

河原忠之(ピアノ)/佐藤美枝子(ソプラノ)

ベルカント・オペラを代表する作曲家ベッリーニの手による名作オペラを、ピアニスト河原忠之が徹底解説。まるでオーケストラを奏でているような、魔法のようなピアノ演奏で、ベッリーニの音楽の魅力を追究します。さらに、本公演でジュリエッタを演じる佐藤美枝子が豪華登場。聴き逃せないレクチャーです。


日時:2021年9月18日(土)14:00開演(13:30開場)
時間:約2時間(休憩あり)
会場:日生劇場(日本生命日比谷ビル)7階大会議室
入場料:無料(要事前申し込み/ネット予約のみ)
定員:60名

講師:河原忠之(ピアノ)【プロフィール】
出演:佐藤美枝子(ソプラノ)【プロフィール】

 

   NISSAY OPERA 2021 『カプレーティとモンテッキ』
②ドラマトゥルギー・レクチャー
ダンテ『神曲』と分断の時代(仮題)

原基晶(イタリア文学)/粟國淳(演出・日生劇場芸術参与)

ロメーオとジュリエッタがいた分断の時代のイタリアにあって、同じく時代に翻弄されたイタリア文学の巨人、ダンテ。名作『神曲』には、分断の時代の人間の有り様が生々しく描かれています。
ダンテ研究の最前線を走る講師が、『神曲』をテーマに〈分断の時代〉を解説。物語の背景を知り、本作品をより深く愉しみたい方は必聴です。


日時:2021年9月25日(土)14:00開演(13:30開場)
時間:約2時間(休憩あり)
会場:日生劇場(日本生命日比谷ビル)7階大会議室
入場料:無料(要事前申し込み/ネット予約のみ)
定員:60名

講師:原基晶(イタリア文学)【プロフィール】
聞き手:粟國淳(演出/日生劇場芸術参与)

 

♪各レクチャーお申込み方法

こちらの申込フォームからお申込みください。

※出演者・内容等は変更される場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。

※ご予約・お申込みは、1名様につき最大2席までとなります。
※チケットの発券はございません。公演当日に受付までお越しいただき、【お名前】をお伝えください。
※個人情報は厳正に管理し、当イベントのご案内にのみ使用いたします。

※当企画は、ご来場のお客様に対して確実にご連絡が取れるよう、氏名・連絡先の情報をご登録いただいております。申込み時にご来場者情報をご登録ください。

※当企画は、新型コロナウイルス感染症対策に取り組んだうえで実施いたします。対策及びご来場のお客様へのお願いについては、こちらのページをご確認ください。

 

【本件に関するお問い合わせ】
日生劇場企画制作部 03-3503-3122(10:00~18:00土・日・祝日を除く)
※お掛け間違いのないよう、ご注意ください。

一覧へ戻る

TOP